名人の腕に感嘆! ノベ☆スタがクロ釣り勉強会

 のべおか感動体験案内人連絡協議会は6月3日、島野浦の沖防波堤でクロ釣り体験勉強会を開きました。5月29日に予定していましたクロ釣り体験は、口蹄疫の影響で延期を決定しましたが、秋以降に予定する感動体験案内人事業の本格実施に向けて実施に当たってのノウハウや問題点を把握するため、協議会のメンバーや観光協会、市の担当者らを対象に勉強会を開くことにしたのです。  11人が参加しました。橋本敏昭さん、宮原勇健さん、山本一郎さんの3人のノベ☆スタが、マキエや仕掛けの作り方、投げ方、マキエの打ち方などを伝授しました。    この日は魚の活性が高く、マキエを打つと縦縞が鮮やかな餌取りのオヤビッチャ、10センチ前後の木っ端グロなどがわき上がる状況。参加者は餌取りに手を焼きながらも、20-32センチのクロを次々に釣り上げていました。  クロ釣り初体験の参加者も多く、30センチ近い良型の引きに右往左往したり、突然の強い引きに思わず奇声を上げたりととにかくにぎやか。「クロの引きが強さにビックリしたが、たくさん釣れてとても楽しかった」と、みんな笑顔でした。  指導の合間を見て竿を出した3人のノベ☆スタも、この時期にしては良型となる30センチ級のクロを難なく釣り上げ、参加者から「さすがは名人」と感嘆の声がもれました。

関連記事

  1. カヌー体験報告

  2. カヌーツーリング体験報告

  3. パークプレイス大分様・体験報告

  4. 町田フットパス視察!

  5. シーカヤック体験報告

  6. 祝子川に知られざるパワースポットがあった!  神様山でスピリチュアル体験

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。