祝子川サイクリングコース

祝子川

清流・祝子川沿いをひた走るロングコースです。日本神話に登場する山幸彦(ホオリノコミト)が産湯に浸かったとされる祝子川は、水郷のべおかを代表する清流の一つです。清流や浜砂、祝子という2つのダムを眺めながら、のんびりとサイクリングを楽しめます。折り返し点にある祝子川温泉・美人の湯と、祝子川沿いの焼酎蔵・佐藤焼酎製造場が休憩スポットとして最適です。桜の季節や紅葉時期がオススメ。

●監修した三井寿展さんの感想

綺麗になった延岡駅も見どころですが、行縢山、大崩山、そして美しい祝子川を眺めながらのライドは空気も美味しくきっと癒されつつ走れます。神秘なコース、往路ゴールは温泉もあるが帰りもあるから厳しいかな?
しかし平日だとバスも運行されてるので、行きだけ自転車、帰りは輪行バックでバスで帰る手段もあります。川の美しさと大崩山を見るだけでも満足出来るコースだと思います。

【三井寿展(みつい・としひろ)さん】

1961年11月21日、延岡市生まれ。延岡学園卒業後広島にて二年間板前の修業。 あまりの自然のなさに帰省。実家である三井商会を手伝うようになる。 MTBは一線級は退いたとはいえ、現在もスポンサーから器材提供を受けながらレースに出場しており、最近では八幡浜MTBジャパシリーズの3時間耐久レースでは優勝を果たした。延岡市自転車競技連盟理事で、MTBinすみえでは実行委員会の中枢として奔走する一方、夏場の7-9月のうち30日間はカヌーのインストラクターとして川に入る日々が続く。

 

距離 約54.3km
時間 約4時間30分

祝子川サイクリングコース詳細


延岡駅前の県道を北に直進

祝子橋を渡り、最初の信号を左折

交差点を左折

蛇谷川水門付近の祝子川

この先の三叉路を小山橋方面に左折し、小山橋手前を右折

行縢山を前方に見ながら堤防上の道を直進

佐藤焼酎製造場のデッキから行縢山を望む

佐藤焼酎製造場から見た行縢山

この先を鹿狩瀬大橋に向け左折

鹿狩瀬大橋を渡りきったら右折

浜砂ダム

延岡電気株式会社の祝子川発電所跡

祝子ダム

祝子川温泉・美人の湯で休憩して折り返し

東九州自動車道の下の県道を直進

延岡共立病院前の信号を左折

小山橋南詰めの信号を右折

祝子川サイクリングコース高低差

 

交通ルールをしっかり守り、地域の人に配慮して走行しましょう!
●自転車は車道が原則、歩道は例外
●車道は左側を通行
●歩道では歩行者優先、車道よりを徐行
●安全ルールを守る
●ヘルメットを着用
●スピードの出し過ぎ禁止
●夜間は必ずライト点灯
●狭い道では、歩行者に注意
●飲酒・2人乗り・並進の禁止
●信号遵守
●交差点での一時停止と安全確認
●傘差し運転・携帯電話を使用しながらの運転禁止
●自転車保険加入

祝子川周辺ギャラリー

スライドショーには JavaScript が必要です。

関連記事

  1. 方財サイクリングコース

  2. 北川周辺

    北川サイクリングマップ

  3. 北方曽木

    北方曽木サイクリングコース

  4. 日豊海岸コース

    日豊海岸サイクリングコース

  5. 北方早日渡

    早日渡サイクリングコース

  6. 二ツ島

    二ツ島サイクリングコース

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。